☔ 2006年08月19日

2日間の研修 ひび

アフリカ派遣の研修にいってきました。
あっけないくらいのあっさりした研修で…。
ちょっとびっくりしましたけどね…。


さてさて、出発日決まりました。
ってここでは、何も詳細を語っていないなw

9月末出発で、アフリカのウガンダという国で、職業訓練学校のコンピュータの先生をしてきます。
期間は10ヶ月。

これに関するブログは、準備も含めて海外旅行ブログのほうで書いていこうと思ってます。
ということで、こっちは、1年間お休みかなぁ。。。

夏祭りに乱入! かがくいべんと

淀川パークプラザという、歴史あるマンション街の夏祭り。
そこに、ラジオ生放送で「サバメシ」をやるってことで、お手伝いにでかけました。

地元の子供たち10人と、ボーイスカウトの子供たち10人+飛び入り参加6名の計26人。
この子達を、大人4人で見て回るのは大変!
しかも、ナダレンジャーと、いちろうさんは、ラジオの取材に答えてるので、私と、もう一人で、いっぱい見て回る。


「火が消えた〜」って声がやっぱり一番多かったねぇ。

そこでちょっと思った。
火が消えた!って思っても、くすぶってるだけで、、、扇げば付くのよ。だいたいはね。
お鍋缶を持ち上げて中の様子をみて。
中に燃えずに残ってる燃料の量とか、灰の量を見ながらアドバイスもできるし。
中で火がくすぶってたらとにかく扇ぐ。
それなのに、ボーイスカウトの引率さんたちは、
子供たちが「火が消えた〜」って言ったら、何も確認せずに、ライターで新しい火種を追加している。
ダメじゃん。それって。
モノにできるだけ頼らないのがいいんじゃないのかな。
ボーイスカウト。それくらいの知識はあってもいいよね。
酸素を供給してあげたら火は復活するんだってくらいは・・・。

途中で投げ出してしまう子、コンロがこけてしまってうまく炊けなかった子、途中で火遊びに転じた子もいたけども、
大半は上手に炊けました。
蓋を開けたときの、子供たちの歓声が、とっても心地よかったです。


ただね、、、スタッフしてると食べれないのがつらいのよぉ!☆サバメシとは・・・☆

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。